はじめに

以下のコマンドで stack v1.6.3 のバイナリが落ちてきます。

$ stack upgrade

リリースノート

機能追加は無く、改良とバグフィックスのみです。

stack ls コマンドは今回に含まれていないので v1.7.0 で追加されそうな感じですね。

Enhancements

  • In addition to supporting .tar.gz and .zip files as remote archives, plain .tar files are now accepted too. This will additionally help with cases where HTTP servers mistakenly set the transfer encoding to gzip. See #3647.

ということで .tar に加えて extra-deps.tar.gz, .zip 形式が指定できるようになったみたいです。

僕は使ったこと無いですが、役立ちそう。


  • Links to docs.haskellstack.org ignore Stack version patchlevel.
  • Downloading Docker-compatible stack binary ignores Stack version patchlevel.

たぶん stack v1.6.1.1 のようなバージョンは無視されるということでしょうか。

Bug fixes

  • For versions of Cabal before 1.24, ensure that the dependencies of non-buildable components are part of the build plan to work around an old Cabal bug. See #3631.

古めの LTS (issue は lts-6.35 で報告されてる) 使ってる人はこの問題が解決されますのでアップデート推奨と思われます。


  • Run the Cabal file checking in the sdist command more reliably by allowing the Cabal library to flatten the GenericPackageDescription itself.

よくわかりません。


  • The script interpreter’s implicit file arguments are now passed before other arguments. See #3658. In particular, this makes it possible to pass -- +RTS ... -RTS to specify RTS arguments used when running the script.

スクリプトインタプリタの暗黙的なファイル引数を他の引数より先に渡すように修正されたようです。 その結果、以下のような RTS オプションの指定が適切に処理できるようになりました。


  • Don’t ignore the template year parameter in config files, and clarify the surrounding documentation. See #2275.

config.yamlyear パラメータを指定できるようになったそうです。こんな感じです。

ドキュメントを見る限り copyright を省略した場合は author-nameyear を使って copyright が生成されるようです。 また year を省略した場合は現在の年が設定されるとのことなので、設定しなくても良さそうですね。

year - if copyright is not specified, year and author-name are used to generate the copyright property in cabal. If year is not specified, it defaults to the current year.

以上です。