はじめに

最近少しずつ cabal を使うようになりました。

そのため、stackcabal のどちらを使ってもビルドできるようにプロジェクトを修正していたのですが、cabal ファイルの取り扱いが難しかったのでメモ程度に残しておきます。

方針としては cabal コマンドの実行時にフックを仕掛けて hpack を使って package.yaml から cabal ファイルを生成しようという感じです。

Setup.hs は何のためにあるのか?

stack を使ってプロジェクトを作ると Setup.hs が以下の内容で自動的に生成されると思います。

今まで特に使わなくても困らなかったので、気にせずに放置していましたが、このファイルが今回の主役になります。

cabal には build-type という設定項目があり、この値はデフォルトでは SimpleCustom のどちらかに自動的に推論されます。(他にも Configure, Make などもあります。詳しくはドキュメントを参照してください)

Simple

build-typeSimple を指定した場合、cabalSetup.hs に以下の内容が記述されているものとして処理を進めます。

そのため Setup.hs を削除しても問題なくビルド可能です。

Custom

build-typeCustom を指定した場合、Setup.hs の内容をユーザが自由に書き換えることができます。

Cabal には defaultMainWithHooks という素晴らしい関数が用意されています。

この関数を利用することで、コマンドの前後に好きな処理を挟むことができます。(処理の上書きも可能です)

詳しいドキュメントは 3.3.8. More complex packages を参照ください。

UserHooks

defaultMainWithHooks に渡す UserHooks 型はこんな感じで定義されています。

data UserHooks = UserHooks {
    runTests :: Args -> Bool -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),
    readDesc :: IO (Maybe GenericPackageDescription),
    hookedPreProcessors :: [ PPSuffixHandler ],
    hookedPrograms :: [Program],

    preConf  :: Args -> ConfigFlags -> IO HookedBuildInfo,
    confHook :: (GenericPackageDescription, HookedBuildInfo) -> ConfigFlags -> IO LocalBuildInfo,
    postConf :: Args -> ConfigFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),

    preBuild  :: Args -> BuildFlags -> IO HookedBuildInfo,
    buildHook :: PackageDescription -> LocalBuildInfo -> UserHooks -> BuildFlags -> IO (),
    postBuild :: Args -> BuildFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),

    preRepl  :: Args -> ReplFlags -> IO HookedBuildInfo,
    replHook :: PackageDescription -> LocalBuildInfo -> UserHooks -> ReplFlags -> [String] -> IO (),
    postRepl :: Args -> ReplFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),

    preClean  :: Args -> CleanFlags -> IO HookedBuildInfo,
    cleanHook :: PackageDescription -> () -> UserHooks -> CleanFlags -> IO (),
    postClean :: Args -> CleanFlags -> PackageDescription -> () -> IO (),

    preCopy  :: Args -> CopyFlags -> IO HookedBuildInfo,
    copyHook :: PackageDescription -> LocalBuildInfo -> UserHooks -> CopyFlags -> IO (),
    postCopy :: Args -> CopyFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),

    preInst  :: Args -> InstallFlags -> IO HookedBuildInfo,
    instHook :: PackageDescription -> LocalBuildInfo -> UserHooks -> InstallFlags -> IO (),
    postInst :: Args -> InstallFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),

    preSDist  :: Args -> SDistFlags -> IO HookedBuildInfo,
    sDistHook :: PackageDescription -> Maybe LocalBuildInfo -> UserHooks -> SDistFlags -> IO (),
    postSDist :: Args -> SDistFlags -> PackageDescription -> Maybe LocalBuildInfo -> IO (),

    preReg  :: Args -> RegisterFlags -> IO HookedBuildInfo,
    regHook :: PackageDescription -> LocalBuildInfo -> UserHooks -> RegisterFlags -> IO (),
    postReg :: Args -> RegisterFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),

    preUnreg  :: Args -> RegisterFlags -> IO HookedBuildInfo,
    unregHook :: PackageDescription -> LocalBuildInfo -> UserHooks -> RegisterFlags -> IO (),
    postUnreg :: Args -> RegisterFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),

    preHscolour  :: Args -> HscolourFlags -> IO HookedBuildInfo,
    hscolourHook :: PackageDescription -> LocalBuildInfo -> UserHooks -> HscolourFlags -> IO (),
    postHscolour :: Args -> HscolourFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),

    preDoctest  :: Args -> DoctestFlags -> IO HookedBuildInfo,
    doctestHook :: PackageDescription -> LocalBuildInfo -> UserHooks -> DoctestFlags -> IO (),
    postDoctest :: Args -> DoctestFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),

    preHaddock  :: Args -> HaddockFlags -> IO HookedBuildInfo,
    haddockHook :: PackageDescription -> LocalBuildInfo -> UserHooks -> HaddockFlags -> IO (),
    postHaddock :: Args -> HaddockFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),

    preTest :: Args -> TestFlags -> IO HookedBuildInfo,
    testHook :: Args -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> UserHooks -> TestFlags -> IO (),
    postTest :: Args -> TestFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO (),

    preBench :: Args -> BenchmarkFlags -> IO HookedBuildInfo,
    benchHook :: Args -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> UserHooks -> BenchmarkFlags -> IO (),
    postBench :: Args -> BenchmarkFlags -> PackageDescription -> LocalBuildInfo -> IO ()
  }

これだけあれば、やりたいことはほとんど出来そうですね。

実装

フックする場所はたくさんあるので問題無さそうです。

しかし、これだけあると、どこにフックすれば良いのか?ということになるのですが、処理的には package.yaml から .cabal ファイルを生成したいので .cabal ファイルを読み込む手前で差し込む必要がありそうです。

適当に cabal のコードを読んでいると、どうやら establishProjectBaseContext という関数が .cabal ファイルを読み込んでコンテキストを作っているっぽいことがわかりました。

なので、preBuild にフックすれば良さそうです。(cabal のコードベースについて全然わからないので、本当に合ってるかどうかは不安)

最終的に、こんな感じで完成しました。

hpack パッケージの関数をそのまま使ってます。

今回は他に何もしないので emptyHookedBuildInfo で大丈夫でした。(たぶん)

extra-source-files

キャッシュの問題があるので extra-source-filespackage.yaml を追加しておくと良さそうです。

custom-setup

最後に忘れてはいけないのが、custom-setup の設定です。

Setup.hs で利用する依存関係などは libraryexecutables, tests と同様に custom-setuppackage.yaml に追記します。

これで完成です。

最初の一度だけは hpack を使って cabal ファイルを生成する必要がありますが、それ以降は必要ありません。

$ curl -sSL https://github.com/sol/hpack/raw/master/get-hpack.sh | bash
$ hpack package.yaml
$ cabal new-build

失敗したこと

最初はフックさせずにこんな感じですぐに実装できるものだと思ってましたが、

これだと、あんまり上手くいきません。

package.yaml を更新しても実行されなかったり、期待するタイミングで .cabal ファイルが生成されていないっぽい感じでした。

まとめ

とりあえず実装してみたという感じなので、実際どのぐらい使えるのか試してみようと思います。

stackcabal も両方とも良いビルドツールだと思います。

もうちょっとしたら、cabal も同様にオススメしていこうと思います。