You don't have javascript enabled. Good luck! :(
記事公開日: 2018/02/10
最終更新日: 2018/02/12

CI を回す!

Haskell プロジェクトで良く使われている CI

Haskell のプロジェクトでよく見る CI ツールといえば以下の2つでしょう。

個人的には以下の点で CircleCI が好きです。

  • プライベートリポジトリも無料で使える
  • Docker, docker-compose と親和性が高い

ここでは HLint の内容にしか言及しませんが、機会があれば CI については別途記事にしたいと思います。

Travis CI

.travis.yml に以下の内容を記述するだけです。

# .travis.yml
sudo: false
language: generic
jobs:
  include:
    - stage: Run hlint
      script: curl -sL https://raw.github.com/ndmitchell/hlint/master/misc/travis.sh | sh -s .

CircleCI 2.0

.circleci/config.yml に以下の内容を記述するだけです。

version: 2
jobs:
  hlint:
    docker:
      - image: ubuntu:16.04
    steps:
      - checkout
      - run:
          name: Run hlint
          command: |
            apt update
            apt install -y curl
            curl -sL https://raw.github.com/ndmitchell/hlint/master/misc/travis.sh | sh -s .
workflows:
  version: 2
  hlint:
    jobs:
      - hlint