You don't have javascript enabled. Good luck! :(
記事公開日: 2017/12/25
最終更新日: 2019/09/15

イントロダクション

はじめに

Pearls of Functional Algorithm Design (訳本: 関数プログラミング 珠玉のアルゴリズムデザイン) の第1章を題材に Haskell プロジェクトの作り方を学びます。

プログラムの内容を理解できなくても、記事を最後まで読むことで Haskell プロジェクトの作り方を学ぶことができると思います。

Ubuntu 18.04 LTS or Mac で動作確認を行っています。

本チュートリアルで取り扱う内容

  1. イントロダクション
  2. プロジェクトの作成
  3. ライブラリの作成
  4. アプリケーションの作成
  5. ドキュメントの作成
  6. テストの作成
  7. ベンチマークの作成
  8. アプリケーションの配布
  9. より良いソフトウェアを作るために
    • Linter (hlint)
    • フォーマッター (ormolu)
    • CI
      • Travis CI
      • Circle CI
      • AppVeyor
      • GitHub Actions

動作環境

環境 バージョン
OS Ubuntu, macOS High Sierra
stack version 2.1.3
hpack 0.31.2

参考サイト

stack 並びに各ツールに関して参考にしたサイトは Links にまとめていますので、随時ご確認ください。